寝占友梨絵

1990年3月7日横浜生まれ。 主にジャズや矢野顕子を聴いて育つ。 中学、高校と玉川学園に通い日常的に音楽に囲まれて生活。 2008年、いろいろ悩みつつ国立音楽大学ピアノ科入学。 クラシックピアノを学ぶために入学するも、なんだかんだやっぱりジャズに興味がありだんだんそっちの方向へ。そして大学2年生の冬頃からひっそりと歌い始める。 3年生から演奏応用(ジャズ)コースで本格的にジャズを勉強し始め、ジャズアンサンブルを山下洋輔、小曽根真、池田篤、金子健の各氏に学ぶ。 卒業後は都内での演奏活動を中心に、日本各地のジャズフェスティバルに出演。 海外では特にモンゴルのジャズフェスティバルには毎年招待され演奏。アルバムにモンゴルの曲を録音したりするなど、年々モンゴル愛を深めている。

2014年、第34回浅草ジャズコンテストヴォーカル部門でグランプリ受賞。 2018年7月にマレーシアで行われている『Damansara International Arts Festival』に出演 『家族ノカタチ』『僕のヤバイ妻』『奥様は取り扱い注意』『白い巨塔2019』『リモラブ』などのドラマ挿入歌歌唱。 『昭和てんぷら粉』『ファーファストーリー』のCMナレーション担当。 これまでに『Sometime Back』『小さな一人』『Yurie Sings Billy』の3枚のアルバムをリリース。一枚目はただいま完売中。コンピレーションアルバム『日常のジャズ』も好評発売中。